目詰まりしないヤスリでサクサク金属を削る!ツボサンブライト-900シリーズのヤスリは最強

TSUBOSAN コーティングヤスリ

このツボサンのブライト900シリーズのヤスリは、ふつうの組ヤスリに比べて割高です。でも、目詰まりのイライラから開放されるこのヤスリは、まさしくお値段以上なんです。

あーもう!ヤスリがけが全然進まなくてイライラする!

ヤスリが目詰まりし始めてるの知ってたけど面倒だしあとで良いやと思って放置してたらなんか全然削れない上にブラシでこすっても金属屑落ちないしキサゲで一目づつとるの超絶面倒なんですけど!!

って思っているそこのあなた!わかります。わかりますよ。私も、目詰まりしたヤスリの掃除を面倒かさがるあまり、わざわざペーパーを巻いてヤスリがけしたこともあるくらいです。

キサゲでヤスリ目を一つづつ掃除する、ボンドでヤスリをパックする、真鍮ブラシをかけて金属粉を落とす…

金属ヤスリの掃除方法は世の中にたくさんあります。最初は画期的なやり方と思っても、慣れてくるとさらに便利な方法を探してしまうのが人間です。いや、私です。

そして、ヤスリの目詰まりが嫌すぎる私は買ってしまったのです…そして知ってしまったのです…目詰まりしない、イライラしない、ストレスフリーな、ツボサンの、究極のヤスリ「ブライト-900シリーズ」の使いやすさを!!

ツボサンヤスリがおすすめな理由①とにかく今!すぐ!使える!

ヤスリの目の掃除方法は目詰まりした後の話で、つまり、目詰まりをする前提の対処療法です。逆に言うと、今すぐヤスリを使う、休みなく使うということができません。

今までのヤスリの目詰まり対策は、目詰まりしてからの対処だった…だと?!

例えばヤスリのボンドパックは、放置しておけばできる、すごく楽なヤスリの掃除方法ですね。そして、ボンドパックと相性がいいのは精密ヤスリです。

ただ、ボンドパックって、とりあえずの対処にはいいんですが…なんだかんだ結構な量のボンドを使います。そして、放置すれば簡単にできるという手段であるがゆえに、「待ち時間」があるんです。

そんなときに、すぐヤスリを使いたくなったら、やっぱりこのブライト-900一択ですよね。このシリーズには精密ヤスリもあって、仕上げにはもってこいです。目詰まりすることがないから、目詰まりをとるために待つことも、無いんですね。

ボンドパックは鉄鋼ヤスリには適さない

かといって、なんでも精密ヤスリで削ればよいわけでは無いですよね。成形には5本組ヤスリの方が適していて、出番も多い分目詰まりしやすいです。組ヤスリは、目詰まりしたら、まだボンドパックでもぎりぎり取れなくないサイズのヤスリです。しかし、鉄鋼ヤスリは、正直に言って全くボンドパックに適していません。

鉄鋼ヤスリの全面にボンドを塗るとすぐボンドがなくなるだけではなくて、乾燥してボンドが固くなるまでにどれだけ時間がかかることか!待ちきれずに生乾きのボンドをめくったら、ボンド被膜が薄くなりすぎて、結局きれいに剥がせないとか…。乾くのをおとなしく待っていても、きれいにはがれず結局ボンドをキサゲでとるとか…。

鉄鋼ヤスリにボンドパックはダメ絶対!鉄鋼ヤスリの錆びが気になったのでボンドパックしてみました。キレイにはなりました。

しかし、分厚く塗ってもボンドがなかなかキレイに剥がれませんでした。結局ボンドをキサゲで取るハメに…

本末転倒!

反対に、ツボサンヤスリはすぐに使える。もう少し待とうか、どうしようかな。なんて考えている時間がもったいないです。ちょっと削りたいなと思ったタイミングで使えるんですよ?そして、お手入れした端からすぐに目詰まりしていくという、ヤスリ目詰まり無限ループから脱却できるわけです。

ツボサンヤスリがおすすめな理由②本当に目詰まりしないヤスリの目は詰まらない

「ブライト -900 シリーズ」は、軟質材から硬質材まで対応可能なツボサンオリジナル製品です。特にヤスリの目詰まりが無く、切削粉のハク離性が優れ、また耐蝕・耐久性にも優れた性能を発揮します。
ヤスリ素材に粘りを持たせ、ツボサン独自のコーティング技術によって、表面硬度の豊かさが「革新的な」ヤスリを実現しました。

TSUBOSAN コーティングヤスリより

このヤスリ、目詰まりしないのはオリジナルのコーティング技術のためなんです。ただ、説明聞いても、「ほう」という感じで、半信半疑だったんですね。

ところが、まさかの、本当に目詰まりにしないんです。

まさか、と思いますよね。私も思っていました。

実際に使ってみると、確かに金属の粉はヤスリに着きはします。けれど、そこから金属屑が塊になって目詰まりを起こすかというと、そこはそれ、ちゃんとキャッチコピーどうり、目詰まりしないんです!

使い始めて半年ほどの状態。左が目詰まりしないブライト-900のヤスリです。
横から目詰まり具合を比べてみます。全く目詰まりしていないツボサンブライト-900のヤスリ

これは、使い始めて半年くらいのヤスリです。依然として全く目詰まりしていないです。目詰まりしそうな予兆もフラグもありません。

おかげでヤスリの目詰まり関係で発狂しそうになることは減りました。ただでさえものを作るというのは自分との戦いです。一つづつ、小さなストレスから減らしていきましょう。

私としては、精神衛生のためだけでも、買った価値はあります。

ツボサンヤスリがおすすめな理由③目詰まり復活の時間に別の作業ができる。専業なら時給換算、兼業ならその時間に作ろう。

彫金の目的を今一度思い出しましょう

あなたが目指しているのはヤスリの目立て職人ですか?

彫金してオリジナルアクセサリーやグッズを作って幸せに浸る、あわよくば作ったものを売ってお小遣いを稼いだり生計をたてたりしたいんじゃなかったんですか?

少しでも上手く作れるようになりたい!と思っているなら、ヤスリの目詰まりにかけている時間を、物を作る時間に当てましょう。

隙間時間でシルバーアクセサリーを作っている兼業作家さんなら、なおのこと。制作に当てられる時間は限られているはずですから、時間を有効に使いましょう。

ヤスリにかける時間を自給換算してみましょう

これから専業でアクセサリーなどを作っていきたい・あるいは既に専業のあなた。あなたの時給はいくらですか?

どれだけ時給が安くとも、目詰まりしたヤスリの掃除にかける時間数回分で、目詰まりしないヤスリ、買えますよね?

ヤスリ目の掃除を楽しめる人はそのまま息抜きとして続けましょう

もちろん、ヤスリの掃除楽しい!って人は良いんです。制作の間の息抜きとして掃除を楽しみましょう!

ヤスリ目の掃除を楽しめない人は、ヤスリ目掃除タイムをいかに短縮するか、あるいは無くして制作時間を生み出すか、ということを考えないといけないわけですから、楽しめるのがちょっぴり羨ましいです。

回避できる作業をあえてやり続けるというのは、生産性を下げることに他なりません。目詰まりしたヤスリの掃除を楽しめない人は、今一度自分の給料とヤスリ目掃除タイムを比べて、考えてみてください。

ツボサン ブライト 900のヤスリの使用感を細かくレビュー!

私が使っているのはこちらのセット。

使い始めて半年ほどですが、今のところ目がだめになってヤスリが滑ることは無く、 非常に快適!

削れすぎてびびる

ヤスリをかけたときの感覚が少し気になるかもしれません。当たり前ですが、同じ寸法の組ヤスリとは使用感が異なります。抵抗が鉄鋼ヤスリの粗目レベル…といった感じ。

公式ホームページにはこんなことが書いてありますよ。

特長

  • 耐久力は従来品に比べ3〜6倍にアップ(被切削材により異なります)。
  • 耐錆・耐蝕性に優れ、多湿環境・海洋環境などの錆による劣化を防げます。
  • 切削粉のハク離性が特に優れ、ヤスリの目詰まり現象が殆ど無く、簡単に切削粉を除去できますので、シャープな切れ味が持続します。

ここに書いてある通り、ガンガン削れます。削る時の抵抗が大きい分、使い慣れるまでは、多少ヤスリを持つ手が金属に引っかかってグラつくことがあると思いますが、いずれにせよ、削れなくて困るってことはないですね。

持ち手が粉つかないようになってて粉がザラザラしない

持ち手のグリップがラバーで大変持ちやすい。

手汗のひどい夏場と、エアコンのきいた冬場に、金属の削り屑が手にたまって気持ち悪くないですか?

このブライト-900のヤスリ、グリップの表面がザラザラしていて金属粉が付きにくいです。

持ち手まで鉄鋼がむき出しの組ヤスリでは、金属粉は問題になりません。対して、ラバーグリップのついた組ヤスリは、もう、金属粉付きまくります…

そこで、このグリップが役立つわけですね。

リバーシブルな荒目中目で時間節!

とにかく納期ヤバイ!5秒が惜しい、 真鍮ブラシ出すのも時間が惜しい…ときとか。

前回使ったときにお手入れサボったせいで、よ「 よしヤスリかけよう」 って思ったときに目詰まりしてて使えないキーーッとか

手汗で錆びて全然削れねーわ!とか

こういうのが全部なくなりました(*´ェ`*)

要は使いっぱなしで良い!

最低限使ったあとにスリ台で、とんとん、とするだけ。 この簡単さがすごく私にあっているんですね。ストレスフリーで目づまりしないって最高です。ほんと、 削ることだけに集中できる!

デメリットはお値段とリバーシブルな目

ただ世の中そんなパーフェクトなものばかりではないです。デメリットというか、購入のネックになるポイントも見ていきましょう。

値段が普通のヤスリに比べると2倍以上…

今使っているヤスリの基準にもよるので、一般化は難しいですが。

例えば同じツボサンのヤスリでも、ブライト-900のシリーズではない、普通の組ヤスリがあります。

ツボサンの普通の組ヤスリは、楽天で5本組が2700円程です。

対して、ツボサンの目詰まりしないヤスリシリーズの組ヤスリ1本で2000円…(共に2019年7月16日時点)

目詰まりしないヤスリ2本で普通の組ヤスリがまるっと1セット買えるんですね…。

便利なリバーシブルな目を最初の頃間違えてた

今でこそリバーシブルなヤスリ目を間違えることはなくなりましたが、なれるまではちょくちょく間違えていました。残すは仕上げだけ!というタイミングで、荒い方で削ってしまう、そんなこともちょいちょいありました。

ただこれは、持ち手や、持ち手の少し上の部分に、油性ペンで目印を書いたり、 マスキングテープやシールで目印をつけたりすれば回避できます。ちなみに私自身は削ったときの感覚と、 目の経年変化具合で判断できるようになりました(笑)

ツボサンから出ている目詰まりしないヤスリの種類

鉄鋼ヤスリ、組ヤスリ、精密ヤスリの3種類が、さまざまな形状の棒ヤスリとして売られています。バラで購入できますから、必要なものだけ買えるのも良いですね。

鉄工ヤスリ

  • 削る部分の長さ 150 mm / 200 mm / 250 mm
  • 目の粗さ    細目 / 中目
  • ヤスリの形   平 / 半丸 / 丸

サイズの大きな鉄工ヤスリにはこれだけの種類があります。ぶっちゃけヤスリの長さは好みです。私が持っている鉄工ヤスリは250mmのものです。

なぜかって?大は小を兼ねるからです( ・´ー・`)

鉄工ヤスリの細目のセット

鉄工ヤスリの 中目のセット

組ヤスリ

  • 削る部分の長さ 110 mm
  • 持ち手を含めた長さ 215 mm
  • 目の粗さ    細目 / 中目
  • ヤスリの形   平 / 半丸 / 丸 / 角(四角) / 三角

組ヤスリの細目のセット

組ヤスリの中目のセット

精密ヤスリ

  • 持ち手を含めた長さ 200 mm
  • 目の粗さ    精密
  • ヤスリの形   平 / 半丸 / 丸 / 角(四角) / 三角

ヤスリの詰まりに困ったら、ブライト-900の目詰まりしないヤスリを買おう

目詰まりしないヤスリがあれば、ヤスリの目詰まり解消から解放されますよ。

始めて買うなら、まずバラで買ってみましょう。楽天、アマゾン、ヤフーで買えます。

ちなみにバラの初買いなら、私のおすすめは、組ヤスリの三角と半丸です。

これらのヤスリを使って、ぜひストレスフリーな彫金ライフを手に入れましょう。

ちなみに組ヤスリはセットで6580円(2018年9月4日時点)です…お高い(笑)

でも価値はありますから、製作が軌道に乗ってきたら買いましょう。作業スピードが上がります。

そしてその空いた時間を、制作に当てましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA